ホワイトデーのお返しギフトは要注意?チョコ・マカロン・飴・バームクーヘンの意味を紹介!

ホワイトデー お返し

ホワイトデー お返し 意味 チョコ


ホワイトデーは、男性の皆さんが、何がいいか色々考えながら、選んでくれていますよね。でも、お返しする商品によって、一つ一つ意味が違うのを知っていますか?よくホワイトデーのお返しにチョコを用意する男性が居ますが、チョコをお返しする意味は、ズバリありません!意外ですよね。では、なぜチョコが選ばれているのでしょうか?それは、チョコを好きな女性は多く、見た目も綺麗で、高級感もあるからではないでしょうか。お返しに意味を持たせたいという方はチョコ以外をオススメします。お返しであなたの気持ちが伝わると良いですね。

ホワイトデー お返し 意味 マカロン


ここ数年で、人気のスイーツの常連になったマカロンですが、ホワイトデーのお返しに贈る男性も多くなっています。マカロンは、形は丸くて可愛らしく、色もパステルカラーで、箱を開けると華やかで綺麗なのでお返しにも最適ですよね。そんなマカロンですが、ホワイトデーにお返しするときの意味もちゃんとあります。それは「特別な人」という意味だそうです。本命の女性や、彼女へのお返しには、ピッタリの意味合いですが、義理チョコ返しだと、誤解されてしまうかもしれませんね。誤解されない様に気を付けて、お返しを選んでくださいね。

ホワイトデー お返し 意味 飴


昔から、ホワイトデーのお返しと言えば、クッキーマシュマロ・飴などのお菓子でしたよね。そのお返しのアイテムには、意味があることを知っていますか?一つ一つ違う意味がありますが、では飴にはどんな意味があるのでしょうか?飴は、甘さがあって長く楽しめるということから「好きです」という意味が、あるようです。理由が面白いですが、子どものころは、飴のお返しもよく聞きましたが、大人になってからは、チョコやマカロンなどのお返しが増えましたよね。子ども時代にもどって、可愛いすてきな飴をお返しにしてみてはいかがですか?

ホワイトデー お返し 意味 バームクーヘン


3月になると、男性の皆さんは、ホワイトデーに向けて忙しくなりますよね。実は、お返しするお菓子には、一つ一つ意味があるのを知っていますか?最近、お返しとして人気が高い、バームクーヘンですが、調べるとホワイトデーのお返しとしては、意味はないそうです。しかし、バームクーヘンは、結婚式の引き出物として選ばれることが多く、その意味がバームクーヘンの年輪から「今の幸せがいつまでも続きますように」と言う意味があるようです。彼女に贈るのにはピッタリですね。メッセージとして意味も添えて贈るといいかもしれませんよ。

ホワイトデー お返し 意味 ハンカチ


毎年やってくるホワイトデーですが、お返しはいつもスイーツだから、今回は違うアイテムにしようと思っている方も多くいると思います。ホワイトデーにお返しとしてハンカチを贈るのには、実はちょっと怖い意味があるようです。それは「別れ」という意味だそうです。これは、風水によるハンカチは、涙を拭くもの=別れを連想させると言う意味と、ハンカチを漢字で書くと手巾と書き、「てぎれ」とも読めることから、別れという意味になったようです。ハンカチを贈る際は「お疲れさま」などのメッセージを添えるなど、工夫が必要かもしれませんね。

ホワイトデー お返し 意味 マドレーヌ


女性も大好きなマドレーヌですが、最近は、ホワイトデーのお返しとしても人気がありますよね。お返しのアイテムによって違う意味がありますが、マドレーヌにはどんな意味があるのでしょうか?それは「あなたともっと仲良くなりたい」だそうです。では、なぜそのような意味なのか調べてみました。それは、マドレーヌの貝の形から来ているようで、日本では昔から、貝は縁起がいいとされ、二枚の貝がピタッと合わさることから、「縁結び」「円満な関係」という意味があるそうです。とても素敵な意味ですよね。本命の女性へのお返しにいかがですか?

ホワイトデー お返し 意味 ホワイトチョコ


昔、ホワイトデーは感謝・お返しの日とされ、現在では男性が女性にバレンタインのお返しをするという、イベントの一つになっています。欧米などでは、バレンタインのアンサーデーとして、男女関係なくカードや花束などを贈り合います。なのでホワイトデーと言うのは、日本独特の習慣なんですね。ホワイト=純白・純潔を象徴するので、ホワイトデーという名前になったとされています。調べたところ、ホワイトチョコをお返しとして贈ることに、意味はあまりないようですが、純潔や純白の愛という意味を込めて彼女や奥様に贈るのも良いかもしれませんね。

ホワイトデー お返し 意味 由来


ホワイトデーは、バレンタインにチョコをもらった男性が、お返しにキャンディーやマシュマロなどをプレゼントする日ですが、ホワイトデーの由来や意味をご存知でしょうか?1978年に、全国飴菓子工業協同組合が「キャンディーを贈る日」を作り、その日を3月14日にしたのは、バレンタインの由来ともなった、296年2月14日、結婚が禁止されていた時代に、それを破り結婚しようとした2人を救うためバレンタイン司祭が殉職し、その一か月後の3月14日に、その2人が改めて永遠の愛を誓ったと言われていることに由来しています。皆さんも永遠の愛を誓ってみてはいかがですか?